仮想通貨ビットコインとかって副業に入るの?職場など周囲にバレる?

スポンサーリンク

仮想通貨は副業に入る・・・?

2017年では大ブームを巻き起こしたビットコインを始めとした仮想通貨。

そのブームは投資家たちにとどまらず一般の社会人の方や主婦なども手を出すぐらいの大ブームでした。このブームは2018年の現在でも覚めることはありません。

しかしこの仮想通貨で得たたくさんの利益は当然ですが確定申告をしなければいけません。

「あれ?確定申告するってことはこれ職場にバレてしまうのでは?」

などと不安に思うかと思います。

けれど大丈夫です。仮想通貨で得た利益は確定申告したとしても副業には含まれません。

あくまでこの取引は資産運用ですので副業とは違うものなんですよね。

しかししっかり確定申告を行わないと住民税の値段が高かったりで、会社にバレて場合によっては副業だ!と疑われてしまうようなこともありえない話ではないですね。

なので確定申告書を作る時には住民税の徴収方法を自分で納付にチェックするようにしましょう。これで安心です。

ちなみに公務員。公務員の副業は絶対禁止ですが仮想通貨は先ほど説明したように資産運用ですので公務員の方も利益を出すことが可能です。

公務員の仮想通過(ビットコイン)は副業?バレない方法は? http://promise1.info/business/virtualcurrency/

仮想通貨を始めよう!まずは口座開設から!

まず始めるにしても取引所を決めなければいけませんが、とりあえずこの3つは絶対開設したほうがいいと思うものをあげます!

・コインチェック

・ビットフライヤー

・バイナンス

以上3つはこちらのサイトで口座開設のやり方など詳しく開設されているのでよろしければご覧ください。

コインチェックの口座開設方法と手順!本人確認の日数は?

ビットフライヤーの口座開設方法と手順!本人確認の日数は?

バイナンスの口座開設方法と手順!二段階認証の2FA 16-digit Key:2FA codeとは?

この3つを抑えておけば基本的にどんな仮想通貨も取引できると思いますので登録しておくだけでもしといて間違いなしです。

仮想通貨は変動が激しく、乗り遅れると取引のチャンスを逃してしまい損してしまいます。

流れに乗るならまだ間に合うと思いますので口座開設のスピードはかなり重要だと思います。

仮想通貨で今資産を10倍、100倍、1000倍にしている人は山ほどいて仮想通貨だけで億単位稼いだという人も中にはたくさんいます。

ビットコインとか仮想通貨とか聞いて怪しいと思う人はまだいますが、その人達は一生時代に取り残されるんだなぁ、と感じました。

あ、ビットコインは副業じゃないからと言って会社とかで堂々と仮想通貨取引やっているって言うのは絶対にやめましょうね!思わぬ誤解やトラブルの原因になりかねませんので!