新潟県の美味しいスイーツがある「絹いもや」お芋のクレープがうまい!

新潟県の新潟市にある絹いもやというお店はご存知でしょうか?

お芋をテーマとしてお芋のスイーツ、お芋の和菓子、お芋の洋菓子などたくさんのお芋スイーツを堪能することができるお店です。

スイーツだけではなく、できたてホヤホヤの焼き芋も食べれるということで芋好きにはたまりませんね!

今回は新潟市北区の豊栄駅付近にある絹いもやと新潟市北区の福島潟付近にある絹いもやの2店舗に行ってきたので、感想や店舗紹介など書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

絹いもや、葛塚の感想

所在地: 〒950-3321 新潟県新潟市北区葛塚3223

営業時間:10:00~18:00

豊栄駅から少し歩いたところにある絹いもや。

店舗の外観は昔ながらというイメージをうけました。こういう外観は好きですね。

中に入るとたくさんのお芋スイーツが!

どれも食べたいものばかりで非常に悩んでしまいます。

店員さんにオススメを聞いて「イモレット」と「絹いもプリン」と「おいものクレープ」を購入!

店内には買ったものを食べれるイートインスペースがありました。結構広めでありがたかったです。

気になる味ですがとても美味しくイモレットはまた食べたくなるようなスイーツです。

おいものクレープは本当に美味しすぎて他の甘い物好きにも共有したい美味しさです!こちらのクレープは福島潟店のほうでは扱っていないようなのでクレープをお求めの方はぜひ葛塚へ!

絹いもや、福島潟店の感想

所在地:新潟県新潟市北区前新田乙576-1(ビュー福島潟敷地内です)

営業時間 :10:00~17:00

続いて、絹いもやの福島潟店にやってきました。

こちらはまだできて新しく外観、店内ともにとてもきれいな印象です。(2017年2月11日にオープン)

近くは福島潟ということもありとても自然が豊かで空気が美味しいです。

ちょうど菜の花が咲く季節でとてもきれいでした!

店内はとても賑わっていてお客さんがたくさんいました。

焼き芋を求めて並ぶお客さんが多かったですね。

人によっては何kgも買っていたのできっとお土産とかに持って帰るんでしょうね!

私も先程の葛塚の方で甘いスイーツをたくさん食べたのでこちらでは焼き芋を買うことにしました。

連れと一緒に2個購入したのですが、1個あたりの値段はg(グラム)数で決まるようで毎回毎回値段が違うようでした。

こちらも葛塚同様広めのイートインスペースがありそちらで食べることにしました。(イメージはカフェのような感じです。)

さて食べてみた感想ですが、とても甘みが強くねっとりとした食感でした。天然のスイーツって感じです!!

周りのお客さんを見てみると焼き芋を食べながら、福島潟をお散歩してる光景もちらほら見かけたのでそれもいいなぁーって思いました!

焼き芋は1本食べただけですごくお腹がふくれたので欲張って買いすぎると後悔しますよw

またランチの時間ではうどんやそばなども食べれるようでお昼ご飯にもいいかもしれません!

福島潟に自然に触れ合うついでにぜひ寄ってみてはいかがでしょうか!デートにもいいですね!

さて両店とも紹介しましたが葛塚店にはあって福島潟店にはないもの。福島潟店にはあって葛塚店にはないもの。と、おいてある商品に若干違いがありますので両店とも行ってみることをオススメします!

私のオススメはやっぱり葛塚店のおいもクレープですかね!!!