コタツで寝るのはとっても危険!死亡の危険性も!

最近会社の先輩が亡くなってしまったのですが、その原因がコタツで寝ていてという理由でした。

え?コタツで寝ると死ぬの?と意味がわからなくて会社はざわざわしていました。

風邪を引くからやめよう!とかは子供の頃に親から聞いたものですが死ぬとまでは教育されませんでしたよね。

今回はコタツでお昼寝などで睡眠をとってしまうと発生する危険性などを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

コタツで寝ると発生する死亡のリスク

コタツで寝るだけでなぜ死んでしまう?

まずはこの1番怖い部分から解説していきます。

こたつの熱により体中の水分がなくなっていき、血液がドロドロになって血管内で詰まってしまい、脳梗塞などの危険性があり死んでしまうというケースです。

脱水症状で死ぬとも言われます。

そういえばコタツから目覚めるとすごい喉乾いてることが多いですよね。

つまりその間身体中の水分が奪われてたということです。

死んだ人がいる事例は実はあまり報道されないだけで結構あるみたい・・・

皆さんも気をつけましょう!

・コタツで寝るその他のリスク

コタツで寝ると疲れが取れません。

睡眠の間は体は温度を下げようとしているのに、温められとても体は忙しく疲れてしまいます。

なので寝ていても実際は疲れが取れず、休めていないのです。

低温やけどの危険性もあるよ!

コタツで寝ると身体中が痛くなります。

寝る場所は狭いし、床も布団のようにふかふかってわけじゃないですよね?

なので実際布団で寝るより体に負担をかけていることになります。

次にコタツで寝ると風邪を引いてしまうという件です。

これにはどういう理由があるかというと、コタツの中の温度とコタツから出ている部分の温度差によるものです。

これにより風邪を引いてしまいます。

じゃあ全部体を入れちゃえば大丈夫?なんとうちの子供は言ってましたが、それこそ脱水症状まっしぐらで死んでしまうので絶対やめましょう!!!

あとは寝ている間実は体から大量の汗が放出していることが多いです。

出た汗が冷え風邪の原因となります。

以上が風邪を引いてしまう原因と死んでしまう理由と体にかける負担です。

コタツは気持ちが良くてついつい入ってそのまま寝るなんてことがほとんどですが実はとっても危険だったんですね。

かくいう私も子供の頃親に風邪を引くから出なさい!って言われても入ってばっかりでした。

こんなリスクがあるなんて知りもしませんでしたし、死なんてワード全く無縁そうですもんね。

これからは子供も知らない大人達にもしっかりこの事実は伝えていかないとなーと思います。

コタツで寝る習慣を改善するのができそうになければいっそコタツを撤去したりする手段に出るのが賢いのかな….

スポンサーリンク

安室奈美恵!限定Blue-ray,DVD販売中!限定グッズ有!

購入はこちらから!!!

フォローする