記事タイトルの2017や2018の年号を変更!SEOへの影響は?

どうしても年度が変わったりして2017年度版って記事タイトルに入れてたものを2018年度版って変更したいってありますよね。

けどその記事は検索順位も上位を取れていて下手に記事タイトルを変更して再インデックスしたら検索順位が変わるんじゃないか?圏外に飛ばされるんじゃないか?と不安な方は多いと思います。

私もそんな1人で検索順位の1位を取れていた記事があったんですが、どうしても2018年になったことにより記事内容をいじって2018年度版として作成し直したんですね。

そして記事タイトルも2017年→2018年と年号のみ変更して再インデックスしてみました。

それによる検索順位の変化やデメリットなどあったかなど書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

年号を2018に変更してみた結果

○○○○○○2017年!ってタイトルの記事を内容いじって2018にしてみた結果がこちら。

search  consoleの検索アナリティクスで「○○○ 2017」で掲載順位1位だったのが

「○○○ 2018」での掲載順位も1位でした!

つまり悪影響やデメリットはないのかな・・・?

これで2018って検索してもアクセス稼げる!やりました!

けど他のブログでSEOについて調べていると2017年の記事は2017年が終わったら需要がなくなるので、2018年版として新しい記事を作成しなければなりません。

とか書いてあったりもするし、どの情報が正しいのかわからないですね!

ただこうしてデメリットなくアクセス稼げてるのも事実なので、まあ間違った選択ではないのでしょうか!

もしも2017年の記事を2018年度版としてほとんど内容同じでちょっと変えただけー!とかで投稿したら重複コンテンツとみなされて、逆に悪影響ありそうだとかブログ初心者の私は感じてしまうわけです。

実際重複コンテンツとみなされて全体の検索順位が下がったと言う人もいれば、特に影響はなくアクセス数稼げてるって人もいるし、、、謎ですっ!!

つまりは私はたまたまデメリットなかったけど、もしかしたらデメリットあるかもしれないから、やるなら自己責任でお願いします。ってやつですかね。

けどタイトルの7を8に変えるだけでアクセス取れちゃうんだから、やってみる価値はあると思いますよ!

スポンサーリンク

安室奈美恵!限定Blue-ray,DVD販売中!限定グッズ有!

購入はこちらから!!!

フォローする