旦那に結婚指輪を付けて欲しいがつけてくれない!その理由とは?

スポンサーリンク

どうして結婚指輪をつけてくれないのか

妻は夫が結婚指輪をつけてくれていないと結構気になるのです。

「結婚当初は旦那も指輪をつけてくれていたのに、だんだんと指輪をつけてくれなくなってしまった。」

「結婚式の時こそしていたものの、それ以降1度もつけてくれない。」

「指輪を日常的につけて結婚していますってアピールをして欲しい。」

などなどいろんな悩みや不満があることでしょう。

そんな不満を感じていますが、そもそも男の人はなんで結婚指輪をしない人が多いのでしょうか?

多く目立った意見は「普段からアクセサリーをつける習慣がなかったのに、急にアクセサリーをつけ続けるというのに抵抗がある」という意見でした!

たしかに今までつけていなかったのに急に毎日付けるというのは難しいですよね。

仕事柄ずっとつけていられなくて外す頻度も多いと大変ですしそう言った意味で付けない人が多いとか。

また無くしてしまうのが怖いから大事に保管しているという方もいるようですね。

結婚してるんだということを知られたくない人もつけないみたいです。

それではどうするれば旦那さんは結婚指輪をつけてくれるようになるのでしょうか。

旦那が結婚指輪をつけてくれるようになるには?

あまり口に出すのは恥ずかしいですがやっぱり結婚指輪は付けて欲しい!そんな時どんなふうにお願いすればいいんでしょうか?

①素直につけて欲しいってお願いする

とりあえず付けて欲しいのが事実ですしちょっと照れくさいけど結婚指輪付けて欲しいな~♡って感じで聞いてみましょう。

毎日つけて欲しいってのはやっぱり難しい人には難しいと思うのでプライベートで一緒にお出かけするときとか、そういうときにつけるような方向性で進めていくといいですね!

一緒に出かける準備してる時に付けてあげるといいかも♪

お願いするときは優しく聞いてみてくださいね!

②もしなくしちゃっても怒らないからつけてって頼む

なくすのが嫌だからつけていないって人はいます。

なのでなくしても怒らないから大丈夫だよ!って男性を安心させるようにしましょう。

またプライベートの一緒にいるとき限定で付けるようにした場合、旦那が外すときにはあなたがしっかり回収してあげると安心できるかもしれません。

結果的に男性に指輪をつけてもらうにはお願いするしかないのです。

習慣になれば何も言わなくてもつけてくれるようになると思いますし。

ちなみに指輪を日常的につけているって男性は約3割程度なので付けていない人の方が圧倒的に多いです。

あんまり必要以上につけるようにせがんで喧嘩にならないように注意してくださいね♪